lll通信 第27回 結婚式はメンドくさい

サロスのしまむらです。

【結婚したい!】

という人と
お話ししていると
いろんなことに気付かされます。

例えば、

【婚約しているのに結婚できない】
という方。

「いつ結婚式を挙げるか、全然話をしてくれない」
「仕事が忙しいと言われ、それ以上話が進まない」
「もしかして、結婚したくないんじゃない?」

そんな話をしている人に

【あなたは何ができるの?】

と聞いても、大抵の反応は

「自分だけで決められることじゃないし、話をふってる」

と…。

これ、何が起こっているのか
お分かりいただけますか?

大前提として、結婚式を挙げた人は
わかると思います。

とても面倒で大変で
できることなら
【誰かにやって欲しい】
と。

そう、彼のせいにしているあなたも

【彼にリードして欲しい】

が前面に出ていて

【自分がリードしよう】

という気持ちが弱いのです。

【具体的な話をしていない】

自分がやることが見えていない。

調べたけど、実際に

行動できるとこまでは落とし込んでない。

式場や入籍の日取り。
誰をゲストに呼ぶか。
新婚旅行はどこにするか。
などなどなど、、、

結婚って、
【やることたくさんでメンドくさい!】
んですよ。

だから、
【相手が動いてくれるのを待ってる】

これは、生物として
メンドくさいことはやりたくないので
当然なんですが、、、

【結婚するなら避けて通れない】
わけです。

大抵の世間一般の人は
男女かかわらず

【動かない相手を責めて
行動させようとします】

さらに、

【相手が忙しいなどを理由に
自分が動けてないことを正当化します】

逆を言えば、

結婚したいなら

【自分が行動すること】

相手もメンドくさいんだから
そうやって動いてくれたら
感謝されるし、
結婚に向かって
先に進めるわけです。

もしも、婚約が長くて
早く結婚したい方が他にもいれば

【メンドくさい=自分が即行動】
を実践してみては
いかがでしょうか?

それさえも嫌だというのなら
まずは、
【あなた自身が成長する必要があります】

もう一つは
【お金を払って専門家にやってもらう】
です。

あなたはどちらを選びますか?

それでは、また

 

【lll通信】でお会いしましょう。