lll通信 第34回 イジメは大人の教育で変えられる

イジメについて
{3CC43ACF-F0D3-4F16-8EA4-E48B2ED4DD2D}

私は子供の頃は、

肥満教室に行くぐらい

太っていたので

いじめられてました。

わたしは

自分で嫌だと言ったこと、

そのグループ以外の

友達を作れたため、

抜け出せました。

けれど、

不思議なくらい、

虐められていたという

自覚はなかったんですよね。

悔しい、

どうにかしてやろうと

いう気持ちばかりで、

相手をどう去なすか、

どう打ち負かすかは

考えてましたが。

お陰で今の私がいるので、

それについては

いい経験になったと

思ってます。

だからこそ、思うのです。

いじめと決めたのはだれ??

と。

いじめというと抽象的ですが、

命やお金を奪ったり、

力で捩じ伏せるのは、

いじめというより

暴力ですから、

虐めた方が

100%悪いと思います。

こと、言葉で傷つけた

というのに対しては、

言われた側が、

その言葉にどんな

意味づけをするか、

そのフレームが

大切だと思ってます。

デブという意味に、

温厚で人柄がよく、

優しいというイメージを、

本人が持つことが出来たら、

笑って相手にも優しくできて、

結果相手が

変わることも

あるかもしれない。

そもそも

デブが悪い言葉と

教えたのは

大人ではないですか?

それなら、

大人の教育で

イジメは変えられます。

多くの人が

言葉の捉え方も

価値観も

人それぞれで

傷つけることは

出来ないと知れば

相手を非難することも

なくなるでしょう。

そうでなければ、

変えられない環境で

苦しむ人は、

救われない。

希望はない。

相手が変わるより、

自分が変わる方が、

よっぽど早く救われる。

強くなる必要なんて、

ないんです。

メンタルが弱くても関係ない。

相手と戦わずに、

すり抜ける方法を伝える。

ネットでそういう活動を

していた時期もありますが、

私に話しかけてくれる子供も、

私が気がついて話せる子供も、

僅か。

私は変えていきます。

正しい知識と最先端の教育で、

世界をフラットにみる、

相手を責めることなく、

自分の問題に

置き換えて解決し、

人に期待したり依存せず、

自立して自分で

解決できる力を

手に入れるために、

学び続けることができる

塾を作ります。

学ぶ生徒を増やします。

人を変えることができるのは、【教育】ですが、

今の教育は、

軍隊や会社員を育てるような、

価値観が決められたもの。

変えていくために、

私は学びを広めていきます。

私の勧める塾はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

https://goo.gl/b735Eg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

{0121FD88-1FCA-495D-9BCD-0E0011AE69E1}

それでは、また

 

【lll通信】でお会いしましょう。