お客様の声

法人のお客様

《今日の内容のよかったところはどこですか?》

  • なんとなくやってきた事を、考え直すきっかけになった。
  • 「ある」ものをなかった事にする事。相手の話を「キク」。相手の話を聞いて、そのまま相手に話す事のむずかしさ、ただそれをくりかえすと相手の考えがわかるようになる。自分の100=相手の100ではない事。
  • 相手の話を真剣にきき、人の行動・言動で何をしてほしいか考える。
  • 日々の仕事のことを考えることで、役割とか自分で勝手に期待してたんだな、、、と気付かせてくれた所です。
  • 「評価」しない/「期待」しない事が大事なことがわかった。
  • 『ある』と思わず、相手に伝えることの大切さ。
  • 仕事の内容を見直せた。相手がどういう気持ちを持っているかを考えれた。
  • 自分の考えた事、思った事とは相手は違う事を考えているかもしれないという事。自分が思っているより、相手はそうは思っていないかもしれないと思うと少し気が楽になりました。薬剤師WIN事務LOSEの関係かと思っていましたが、WIN–WINの関係だと言われたので、良かったです。
  • 「ある」と思っていたことは?というワークで、日頃いかに自分が、人にこうして欲しいとか、こうあるべきだという基準で働いているかということがわかったので、自分の考え方を変えることで、もっと楽な気持ちで働けるのではないかということがわかった。
  • 仕事の整理ができたと思います。事務さんが思っていること、薬剤師が思っていることに、やはり差があるんだと理解できました。
  • 伝えたいことは伝わっていなかったり、聴いたつもりが受けとれていなかったりが多いということへの気づき。
  • 自分の話を相手がまた同じこと言うというテーマの研修は、伝える能力がないなと実感しました。
  • 自分の中の“ある”をなくす
  • コミュニケーションをとるにあたって聴く側・話をする側をやってみて難しく感じました。仕事の内容では、他の方と話す事なかったので役割など、皆さんの考えてる事がみえてよかったです。
  • 「ある」と思っていたことで不快になっていたことに気付けた。「相手に期待をしない」とは違っていて、相手を蔑んだ言い方でないのも自己葛藤せずに済みそう。
  • 相手の伝えたい事、求めている事を十分に理解する大切さを少しながら理解できたかなと思います。
  • 「きく」ことの大切さを知れた。
  • 話をする時には細かい所まで伝えるようにする。意図を明確にする。
  • 自分の考えを相手にしっかり伝えていないなと反省することが多かった。仕事とは?の質問にあまり答えられず、あまり意識していなかったことに気づき、またあらためて考える機会となった。
  • 相手に自分と同じ考えを望むことによって不満がおこる。不満をおこさないためには、自分から訊こうとする気持ちが大切(意思疎通ができるように)ということが学べてよかった。
  • 自分の意見を伝えること、相手の話を聞くこと、真意を聞き出すことの大切さを改めて学ぶことができました。今回の講習会は、いろんなテーマをもとに意見を交換したり、きくことの大切さを実際やって体験したりして実践もありながらだったのですごく分かりやすかったです。
  • 患者さん、同僚どちらに限らず、相手がどうして欲しいのか想像して先回りすることが良いことだと思ってた。しかし、今日の講演で相手が求めていることを正確に受けとめて対応することが大切だと学んだ。また、最初のワークで相手の話を評価せずに聴くということが難しいことも気づいた。ついつい相手の話を聴きながら自分だったら、、、と考えてしまっていた。

《今日の内容をふまえて、明日の仕事に活かせそうなことはなんですか?》

  • 指示を的確にする。思っている事は伝える。聴く。
  • あると思わない事。
  • 外に対しても、内に対しても、笑顔でがんばれる。
  • 過度な期待はしない。人を自分目線で評価しない。
  • 「評価」しない/「期待」しないで仕事を上手く回していくには、細かな意見の交換が必要なので薬剤師相互・事務相互ならびに薬剤師と事務の意見交換の場を作る。
  • 出来ると決めつけて、仕事を依頼するのではなく、自分の信頼の仕方やその人の姿勢も見ようと思いました。
  • 職場でお互い(患者様)の気持ちを考えて行動する。
  • 前向きに、仕事をしていきたいです。何をしてもらいたいか、どうすれば良いか言葉に出してコミュニケーションを築いていきたいと思います。
  • 人に過剰な期待をしないこと。自分の価値観だけで仕事をしてはいけない。相手にしてほしい事を伝えるときは、細かい所まで指示すること。
  • この差(事務と薬剤師の思っていることの差)をうめることが、WIN-WINな関係構築ができると思う。
  • 患者様との、また職員間のコミュニケーションの方法が変わる(かも)
  • 相手に伝えようと意識して話そうとおもいました。
  • 上記(自分の中の“ある”をなくす)を実行して不満をなくす。相手のしてほしいことを今までよりも気をつけて考えてみる。
  • 「あると思っていたこと」の話をふまえて、相手に期待・評価しないで、自分が出来る事をみきわめて頑張って行きたいです。
  • 相手の仕事を理解することから始めたい。
  • 「ある」「した」「言った」と思い込まないようにしたいと思います。
  • 薬剤師・事務のそれぞれの仕事をもう一度確認していこうと思う。
  • 他人に期待するのを止めて、イライラしないようにしよう。
  • [ある]と思うこと、期待をすることをしないで、自分のことだけではなく、相手の事を考えて行動する。自分ルールでなく会社のルールでというのは心にとどめておきたい。
  • 先入観を持たないで、相手に尋ねながら意思の調整をしておくこと(自分が伝えたいことや相手が話したいことを理解できるようになるように)
  • 自分の考えをちゃんと相手に伝える。相手の気持ちを理解するために、自分から具体的な質問をする。
  • 同僚に仕事をお願いする時は、期日や内容をより具体的に伝えるように心がける。患者さんと接する時には信頼を得るような聴く姿勢・表情などに気をつけたい。

《もしも、それができたら、職場はどうなっていきそうですか?》

  • 業務が円滑になる。そして楽しい職場になる!
  • 言わなくても相互理解ができているので、阿吽の呼吸のように仕事がはかどる。
  • ふんいきが明るくなり、働きやすくなる。近所の方、患者さんにも、明るくふるまえる。
  • 少しはストレスが減りそう。もしくはもっとグダグダになる可能性も。
  • 無駄な作業を減らす事が出来て、その分作業の正確性をあげる事が出来る。
  • みんなで仲良くできると思います。
  • 信頼関係が築けて、いいふんいきになる。
  • とても働きやすく、楽しく、やりがいのある職場になると思います。
  • それぞれが人のことを思いやり、楽しい職場になると思います。
  • HAPPYな職場。
  • 思い違いが減り、信頼が増す。
  • 会話がふえて、ふんいきがよくなると思います。
  • ストレスが減って、明るい職場になると思います。
  • よくなると思います。
  • 相互理解が生まれ信頼が生まれたり、深まったり、思いやりは確実に深まりそう。
  • 伝わる様に話すこと、相手の話をきちんと聞く、自分の感覚で良し悪しを決めるという事がなくなれば、より良い職場関係を築いていけると思います。
  • 仕事内容を理解することで、効率がよくなっていくと思う。
  • 浮いて孤立するか、仕事押しつけられて疲れそう(他人に期待するの止めたらダメな気はします)
  • お互いがお互いの事を考え、患者さんにも聞きたいことをもう少し言えるように、信頼関係が築けるのではと思います。今日はありがとうございました。とても面白かったです。
  • 情報伝達がスムーズにできて、より良い職場になっていきそうです。
  • 今よりもっと意思疎通ができて、仕事もスムーズに進めていけると思います。
  • 薬局内の業務はスムーズに進むようになると思う。また、日頃からコミュニケーションをしっかりとっていれば、何でも相談しやすい職場環境になると思います。薬局内の良い雰囲気は自然に来局者にも伝わり、選んでもらえる薬局につながるだろう。

個人のお客様

・気づいていない自分だけのルールが、自分の行動や感情をこんなにも支配し、行動を阻害していたとは気付かなかった。そこを受け入れ異なる視点もあることを素直に受け入れることができるようになり始めたことに幸せを感じています。(寛衛門さん/30代)

・長年連れ添った嫁や家族にも決してできない、すばらしい手助けをしていただいたことに心から感謝します。これからの生き方、人生全てによい影響を受けるすばらしい経験をさせていただきました。もしかして神様?なんちゃって。本当にありがとうございます(匿名希望さん/40代)

・読んでいて思わず涙が出てしまいました。(なみさん/10代)

・KoUさんが考えさせてくれたおかげで希望の塾に行かせてもらえました。(マッピーさん/10代)

・何だか涙が出てきました。私たぶん頭がかたくて、思い込みも激しくて、自分のことも相手のことも決めつけてしまうところがあるんだと思います。気づかせてくれてありがとうございました。(春さん/20代)

・コーチングプログラムを受講した結果、一年間収益ゼロだった不動産ビジネスで、二週間で50万円の収入を得ることができました。実感がありません、ありがとうございました(Eさん/30代)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする